スーパーフード!桑の実(マルベリー)のすごい栄養!美容と健康に最適

離乳食、幼児食

桑の実ってご存じでしょうか?

マルベリーとも呼ばれている果実です。

この桑の実、実はとっても栄養豊富で美容にも健康にもいいんです!

最近は桑の実を知らない人も多いので、それはもったいない!ということでご紹介します。

スーパーフード!桑の実の栄養

桑の実はビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、アントシアニン、カリウム、カルシウムといった栄養素を豊富に含んでいます。

健康効果と美容効果のビタミンC

・体の免疫力を高める
の吸収を促す
ラーゲンの生成
シミの元になるメラニンの生成を抑える

「若返りビタミン」ビタミンE、ポリフェノール、アントシアニン

抗酸化作用があり、がんや老化の予防、アンチエイジングに欠かせません。

塩分コントロールのカリウム

カリウムはフルーツの中でも特に豊富で、分の摂りすぎをコントロールし、余分な塩分を排出してくれます。高血圧の予防、むくみの改善にも効果があります。

とにかくあんなに小さな実に栄養がギュッと詰まっているんです。

桑の実(マルベリー)はなぜあまり知られていない?

桑の実と聞いても、「知らない」「食べたことがない」という人が最近は多いです。

マルベリーは?と聞いても同じです。ラズベリーやブルーベリーはみんなわかるのに。

それはなぜなのでしょうか?

ズバリ、“スーパーに売っていないから”です。

熟した桑の実は非常に繊細で傷みやすいため、生食用としてスーパーなどで販売するのは難しいようです。ジャムやお酒、ジュースなどに加工したものであれば目にしますがそれでも珍しいです。

桑の実はスーパーフードと呼ばれるくらい栄養豊富なのにもったいない!

桑の実ってどんなの?味は?

桑の実は2~3㎝ほどの長さで熟すと赤黒くなります。

小さな粒が集まって一つの固まりとなった果実になっており、初めて見る人はその見た目が苦手という人もいます。

よーく見るとひげみたいなのがちょろっとでています。

私の父はその見た目からずっと「グミ」と呼んでいます。

赤黒く熟すと、少し触っただけでポロっと取れます。

味は甘さが強いわけではないので、さっぱりしています。赤黒く熟す前の赤い実は結構酸っぱいですが、赤黒く熟した実はそれほど酸っぱくありません。

好みで食べられるのが良いですね。

桑の実はジャム、ジュースがおすすめ!

桑の実は生で食べてももちろん美味しいのですが、傷みやすく、日持ちがしないためジャムやジュースにするのがおすすめです。

桑の実ジャム(マルベリージャム)

● 桑の実:200~300g
● 砂糖(グラニュー糖):桑の実の1/4~1/3 ※好みで調節
● レモン汁:少々

1. 桑の実をよく水で洗い、ヘタを取って水分を拭き取る
2. 鍋に桑の実と砂糖を入れて、1時間ほど放置する
3. 果汁が出てきたら、火にかけて中火で煮る
4. あくを取り、とろみができたら火を消す
5. レモン汁を少し入れて、味見をして甘さが足りないようなら砂糖を足す
6. 粗熱が取れたら、消毒した清潔な容器に入れて冷蔵庫で保存する

ジャムは冷蔵庫で長期間保存が可能なので、パンに塗ったり、ヨーグルトに混ぜて食べると美味しいですよ。

桑の実ジュース(マルベリージュース)

● 桑の実:200~300g
● 氷砂糖 桑の実と同量

1. 桑の実をよく水で洗い、ヘタを取って水分を拭き取る
2. ジップロックに桑の実と氷砂糖をいれて空気を抜いてチャックを閉める。
3. チャックは閉じたまま、毎日1、2回裏表を返して全体的に果汁をいきわたらせる
4.氷砂糖が全部解けたら完成、冷蔵庫で保管

最初から冷蔵庫で保管しても良いですが、氷砂糖が解けるのに時間がかかります。
毎日ひっくり返せば氷砂糖が解けるまで常温でも大丈夫です。

出来上がった果汁を水や炭酸水で割ると美味しいジュースの出来上がり
です。

実は潰しても良し、そのまま食べても良し、お好みでどうぞ。

このまま煮詰めればジャムにもなるので、多めに作ってジャムとジュース同時に作るのもアリですね。

桑の実はメルカリで買える

スーパーには出回らない桑の実ですが、生で食べてみたいという人は「メルカリ」で買うことができます。

メルカリをしていない人はこれを機会に登録してみてはいかがでしょうか?

こういった産地直送もスーパーより安く買えることも多いですし、子育て用品なんかも私はメルカリフル活用です!

招待コードを使えばポイントももらえるのでもっとお得に買い物ができますよ!

良ければ使ってくださいね。使っても個人情報などは一切わかりませんのでご安心ください。

招待コード  VWJCBZ

まとめ

スーパーフード桑の実!食べてみたくなりましたか?

桑の葉は蚕のエサになり、養蚕が盛んだった昔は日本中いたるところにあったそうですが、今では全然みなくなりました。

健康にも美容にもいいし、お世話も簡単なのでもったいないですね。

自宅の鉢植えでも育てられるのでおすすめですよ。

是非一度、お試しください!



コメント

タイトルとURLをコピーしました